不登校の少年革命家「ゆたぼん」の父親、経歴が… について

不登校の少年革命家「ゆたぼん」の父親、経歴が『中卒の元暴走族で自称心理カウンセラーの情報商材屋』と判明 : オレ的ゲーム速報@刃
について。

画像



話題の少年革命家「ゆたぼん」の父親が、元暴走族で心理カウンセラーの「中村幸也」という人物であることが判明




画像


父親の経歴

http://www.810.co.jp/author/nakamura-yukiya.html

画像


中卒
元暴走族
心理カウンセラー
あきらめる生き方の専門家
禁煙カウンセラー
20回以上転職
恐喝、窃盗、傷害、暴走、喧嘩、シンナー、麻薬、覚醒剤・・・etc
独学で心理学とカウンセリングを学ぶ
日本メンタルヘルス協会の衛藤信之先生と出会う



『日本メンタルヘルス協会』、『衛藤信之』とは




大学で心理学や医学を学んだわけではなく、独自にアメリカで開眼

日本の心理学会とは全く関係ない日本メンタルヘルス協会という紛らわしい会の主催

免許も資格もない自称専門家








父親は過去に『リラックス禁煙法』なる情報商材を販売
価格は17,800円





画像


画像


更に過去のブログから長女(ゆたぼんの姉)に関する衝撃の事実が発覚


中村幸也オフィシャルブログ「自由に生きるのに遠慮はいらない!」
https://ameblo.jp/yukiya-happy/entry-12383508104.html

今日、長女以外の家族六人で、大阪から沖縄に引っ越して来ました!

最初は長女も行くと言っていたのですが、四月になって急に行かないと言い出し、自立すると言って先月家を出ました。

それまでは長女をメインにして計画を練り、兄妹も凄く頑張ってきたのですが、長女が途中で投げ出した為、すべての計画を白紙に戻す事に・・・。

予定していたクラウドファンディングも中止し、再度、長女以外の家族六人で一から計画を練り直しました。

わがままで贅沢な長女が抜けた事で、家族会議もスムーズに進み、まずは家の中にあるほとんどの物を処分する事にしました。

ちなみに長女は自立して生きる道を選びました。生き方に問題があるとしてもこの年で自立できるのは大したものです。



・自立すると言って先月家を出ました
→娘だけを大阪に残して沖縄へ移住(長女は18歳との未確認情報)

・長女をメインにして計画
→最初は長女が「少年革命家」になる計画だった?

・予定していたクラウドファンディングも中止し
→宣伝材料として子供を利用?

・生き方に問題がある
→長女が自分の思い通りにならなかったためパージ?






前回の記事:自由を求めて学校に通わない選択をした10歳児、少年革命家を名乗りユーチューバーとして活動 について

前回、テロリストになったパラレル世界の自分達の同窓会の話を挙げてたけど
ほんまもんの赤い活動家みたいやなぁ

この親にしてこの子あり
って感じ。

どうみても反政府的、反社会的、だよ
もしかしたら無政府主義なのかも知れないが、自分等の儲け話でキッリチと社会を利用しておいて社会自体は否定するっていうアホパヨと同類に見えるね。



「小さいジョーブログみたいな感じです」
ジョーブログも反社会的な行動を映した動画上げて炎上してましたもんね。
しかも反省してなさそうで「これからもこういう動画は上げていく」みたいな事も言ってましたしねぇ┐(´-`)┌

根本的にyoutubeって13歳未満駄目なんじゃないの?という指摘があります。
そういやそうだったな。
やっぱ反社会的な人間ってルール順守する精神皆無なのばっかりだよね
(多分この事でつっこむと「自由が~」とか変に権利ばかり主張しだしたりするんだよな、もっと突っ込むと「差別だ」と喚くんだろう)

ある意味ゆたぽん自身が親のビジネスの道具としてロボット化してるんじゃないか?
子供は親の影響めっちゃ受けますからね


学校へ行く事によって学べる「社会性」もある訳で、ましてや宿題が嫌だからって理由でドロップアウトしてまともな大人になるなんて事は無いですよ。

つーか反社会を貫くなら、行政や司法のあらゆるサービスを受ける権利を放棄してから言え!ってこった。
(社会なしの一人で生きていく事の辛さは宿題するなんて事より遥かに遥~~~かに難しいんだぞ)


イラスト案内 社会のしくみ図鑑

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック