自由を求めて学校に通わない選択をした10歳児、少年革命家を名乗りユーチューバーとして活動 について

自由を求めて学校に通わない選択をした10歳児、少年革命家を名乗りユーチューバーとして活動 「ノートに書くだけが勉強じゃない!」 : はちま起稿
について。

画像



・「俺が自由な世界をつくる」。自由を求めて学校に通わない選択をした中村逞珂(ゆたか)さん(10)が「少年革命家 ゆたぼん」と名乗り、ユーチューバーとして活動している。

・大阪生まれ、沖縄在住のゆたぼんは「ハイサイまいど!」で始まる楽しい動画を提供しつつ、いじめや不登校に悩む子や親に「不登校は不幸じゃない」と強いメッセージを発信している。

・ゆたぼんが学校に通わなくなったのは小学校3年生の時。宿題を拒否したところ、放課後や休み時間にさせられ不満を抱いた。担任の言うことを聞く同級生もロボットに見え「俺までロボットになってしまう」と、学校に通わないことを決意した。現在も「学校は行きたい時に行く」というスタイルを貫いている。

・人気作家や編集者、お笑い芸人などと共演を重ね「ノートに書くだけが勉強じゃない。いろんな人に会うことも勉強だ」と、学校ではできない学びに自信を深めている。

・夢は子どもだけが乗れるピースボートで世界中に友達をつくり、戦争をなくすこと。


全文


なんだかなぁ…
>不登校は不幸じゃない
この部分は特に強く否定はしないが、まぁそれも条件付きだな。

画像

藤子・F・不二雄氏の「SF短編集」に「パラレル同窓会」っていう話がある
分岐したパラレル世界に居る、全「自分」が集まって同窓会するって話。
中には死亡した奴も居るので全員という訳ではないが、この話では会社の社長が主人公というかスポットを当てられているが、同窓会には窓際族になっている自分や、作家になっている自分とかに出会う。
その中にテロリストになっている自分も居る(画像がそのシーン)

社長みたいに
「青春期のハシカみたいなものさ」
で済ませられればいいが…

この中村逞珂(ゆたか)というガキには止めてくれる友人も大人も居なかった訳だ。
大人になってから後悔するかもな。



・そして、大人になって後悔する

・いやいやいやいや、そんな子供持ちあげるなよ

・「不登校は不幸じゃない」は同意。自分も小3から計3年間くらい不登校になって惨めな感情を抱いたこともあったけど、そのおかげで多少強くなれた気がする。運良く友人に恵まれたのが大きかった。

・なんだろ…自分の弱かった部分をかっこつけちゃうのって単純に痛い…これを認めてしまったらこの子のためにならん。 基本小さい時なんて、自分は特別だと思ってるもんなんだよ。 みんながロボットに見えてってなにかっこつけてんだ。 行きたくないなら行きたくないと言え。

・記事を見たところ、この少年はただの甘えをこじらせたとしか思えない。

・自由に義務や責任が伴う事を知らない哀れな大人になる前に周りの大人が止めて教えないと…。どこの誰に担がれてるか知らないが、可哀想な子供だ…

・こう言う子がいてもいいが 当然批判はあって然るべきだと思う。 「学校は行くもの」という価値は保たれるべきで、それは社会全体のため。 ただ僕が親だったらな。 子の生き生きとした姿を肯定したいだろうな。 立場変われば意見も変わっちゃう。

・まあこれも才能だからいいんじゃん。でも学校くらい行けよとは思うけど。

・宿題やらず→怒られ→勉強やだと逃げた不登校を正当化するのすげーな。この子の周りの大人も大丈夫?

・小三なんて学校行って友達に会うだけで楽しいのに…少年革命家、ピースボートと随分きな臭いワード出てるよね~😑後ろにいる大人は何者?



・記事を見たところ、この少年はただの甘えをこじらせたとしか思えない。
これに尽きると思う
甘えをこじらせたまま大人になると後には無残な自分の姿を見出すだけだろうな


宿題なんかこわくない

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック