パソコンができないのにIT業界に来る若者の末路wwwwww について

パソコンができないのにIT業界に来る若者の末路wwwwww : オレ的ゲーム速報@刃
について。

画像



パソコンができないのにIT業界に来る若者は、実際にいます。なぜ、そのような人がいるのでしょうか。そして、パソコンができないのにIT業界に入った人はその後、どのような道を歩むのでしょうか。業界の実情をご紹介

・そもそもなぜ?
IT業界の慢性的な人手不足で人材を一人でも多く獲得したいので、若者が入社を希望すれば、たとえパソコンが使えなくても採用する

・パソコンが使えない社員は何をしている?
単純作業や、現場の補助的な作業をさせられる場合が多くなります。教える時間を取った方がコストがかかるので、結果的に“座っているだけ”の時間が長くなりがちです。人によっては、大きな苦痛を伴うことになるでしょう。

配属されるプロジェクトによっては、放置されたことで入社半年後も学生の時と変わらないスキルの人もいます。スキルが上がらないので、次の現場でも補助的な作業をさせられることになります。これを繰り返す悪循環に陥る人もいますが、企業側としては、そうした人材でもお金を稼げる現場に入れてしまうので、抜け出すのが難しくなるのです。

・先輩に恵まれれば成長できる
会社の先輩に恵まれれば、伸びる可能性はあると考えています。
もちろん、自ら勉強することも必要です。自分で勉強するからこそ、知識や技術は身に付いていくものです。積極的に学ぶ人には、確実に伸びるポテンシャルがあります。パソコンができなくても、IT業界に入って成長したいと思う人は、新人を育てようとする高い意識のある先輩がいる会社かどうかを見極めることも大事なのではないでしょうか。


以下、全文を読む


大学とかでスクリプトとかHTMLみたいなのを除くコンピュータ言語でどんな簡単なのでもいいから、一人だけで作れる位の能力は持ってないと自主的に勉強するにも、他人の仕事ぶりを見るにしても何もできないかも。
(言語は完全にマスターしてる必要はない。そもそも完全マスターしてる人なんて仕事やってる人でもそうはいない)

今はIDE環境があればmakefile作ってた時代(UNIX系の人)からすればホント楽。でもコンピュータ関係の技術は次々新しい物が出てくるので一生勉強ですよ。

場所に寄りけりだけど、数学的知識も必要になるし、データ構造、アルゴリズム、データベース、ネットワーク、バージョンアップ、保守、基本&詳細設計、テスト手法、バグ取り&解析、etc、etc
覚える事は無限か!って思う程あります。

最近は中々いないけど、機械語やアセンブラまでやってる人を見るとコンピュータの事をよく分かっていると思いますね。(ハードウェアになるとまた別だけど)

最近は面接時に「パソコンを持っているか」とか「Officeを使用したことがあるか」とか聞くこともあるようだ
IT業界というか、開発者が沢山居る所に入るなら「office?使えて当たり前ですよ」ってレベルですよ。

パソコン使えないのにどうやって面接受かったの? 嘘ついて使えるとか適当なこといったの?
面接で「嘘」を吐く奴が居るんだよ。
「UNIX」使えます!って言ってた奴が本当は全く知らないド素人だった事もあります。
(聞いてみたら、インストールした事がある って事だった(なんじゃそら))

養成所兼ねてる所に就職して、しかもやる気があってコンピュータとかに興味がある人なら、まだやれるかも知れないけど、そうでないならオススメはしないなぁ。


アプリを作ろう! Visual C++入門 Visual C++ 2017対応 無償のVisual Studio Communityでゼロから学ぶプログラミング (マイクロソフト関連書)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック