ヒガシユキのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS SATA 3.2 規格公開 転送速度が2GB/秒に!

<<   作成日時 : 2013/08/11 06:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

SATA 3.2 規格公開。転送速度 2GB/秒に高速化、SATA Express やM.2フォームファクタ対応などengadget
について。

画像


<引用>
SATA 規格を策定する業界団体 Serial ATA International Organization (SATA-IO) が、Serial ATA Revision 3.2 の仕様を公開しました。SATA 3.2 の転送速度は理論上 2GB/秒となり、SATA3.0 の 6Gb/秒から大きく進化します。

この転送速度は、新たに採用した「SATA Express」によって実現します。SATA Express は、コネクタ形状は従来の SATA と同じですが内部的には PCI Express 接続となっています。

そのため転送速度の高速化とともに、1つのコネクタで SATA ストレージと PCI Express ストレージの両方に対応できることもメリットです。

SATA revision 3.2 ではその他にも、

・M.2 規格(旧称 NGFF。mSATA よりコンパクトな拡張モジュール用規格)対応
・組み込み向けの「microSSD」対応
・USM (Universal Storage Module、抜き差し可能なカートリッジ型ストレージ) の薄型規格「USM Slim」対応
・DevSleep: 主に常時電源ONで使用することの多いモバイル機器向けに待機電力を削減
・Transitional Energy Reporting: SATA ストレージ機器を詳細にモニタリングして省電力化
・Hybrid Information: SSHD (Solid State Hard Drive、内部にキャッシュ用フラッシュメモリを搭載するHDD) のパフォーマンスを向上
・Rebuild Assist: RAID 環境の再構築を高速化

など、様々な機能を追加しています。

なお SATA-IO は、8月13〜15日に米国カリフォルニア州サンタクララで開催予定の Flash Memory Summit にて、同規格について説明する予定です。


関連:
USB3.1規格公開、転送速度が最大10Gbpsになるぞ

USB3.1でもうHDDとかの接続は十分満足か?とも思えたが、ここにきてSATAがそれを超えるスピードになっちゃうって事ですか…

というか、HDDorSSDはインターフェースの速度並みにちゃんとデータをリードできるのか?って問題の方があるかもね。(ランダムアクセスは到底無理としても、シーケンシャルリードでも秒間2GBの速度で読めるもんなのか?)

昔はこういうインターフェースの速度が上がる事はそんなに多くなかったが、最近は頻繁に上がってる様に感じます。これじゃあPCを買うタイミングが難しくなってしまって困るよ。



シー・エフ・デー販売 TOSHIBA製SSD採用 2.5inch 内蔵型 SATA6Gbps 128GB CSSD-S6T128NHG5Q
シー・エフ・デー販売
2013-04-13

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by シー・エフ・デー販売 TOSHIBA製SSD採用 2.5inch 内蔵型 SATA6Gbps 128GB CSSD-S6T128NHG5Q の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
SATA 3.2 規格公開 転送速度が2GB/秒に! ヒガシユキのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる