ヒガシユキのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 浅草「仲見世商店街」が存亡の機…浅草寺が“家賃16倍”要求 について。

<<   作成日時 : 2017/10/25 15:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

痛いニュース(ノ∀`) : 浅草「仲見世商店街」が存亡の機…浅草寺が“家賃16倍”要求 - ライブドアブログ
について。

画像
いきなり16倍も酷いけど、税制上の特権があるのも不公平だな


<引用>
雷門から浅草寺までを結ぶ仲見世通りは、日本最古の商店街の一つ。外国人観光客からも人気の観光地だが、今、存亡の機にあるという。

「9月ごろ、仲見世通りの各店に2枚の紙が配られて、そこには、来年1月からの家賃が、いきなり16倍になると書かれていました。私の店は戦後ずっとここで商いをしてきましたが、今の16倍の家賃なんて、とても払えない。ほとんどの店が払えないと思います」

と嘆くのは、通りに店を構える店主の一人である。

仲見世通りの土地は浅草寺の所有ですが、上物は東京都のものだった。だから我々は家賃を東京都に払ってきましたが、7月に浅草寺が上物を都から買い取ったで、安かった家賃を周辺並みにするというのです」

仲見世通りにある89店の家賃の平均は月2万3000円と、たしかに破格ではある。とはいえいきなり16倍の約37万円となれば、さすがに経営できないだろう。

浅草寺の守山雄順執事長によると、きっかけは2011年に東京都から“仲見世通りは収益事業を行っているのだから固定資産税を払え”と言われたことだったという。

「同時に家賃も見直そうと相場を調べ、弁護士が9月半ば、数字を組合にお伝えしたのですが……」

騒動が丸く収まらなければ、仲見世通りにはスタバのような大資本が並ぶ事態に。10月25日発売の「週刊新潮」では浅草寺の“守銭奴”ぶりと共に、本件を詳しく報じる

http://news.livedoor.com/article/detail/13793821/


あの安いお菓子の理由は家賃が安かったからか
そういうことみたいですね。

今まで甘い汁吸い続けて来たツケが来ただけ
さすがに16倍だと文句言いたくなるのは分かるが、そういう事ですよね。

>ほとんどの店が払えないと思います
という事であれば、記事の通り「大資本」が食い込んで来て、これといった売りの無い菓子が、市価以上の価格で売り出され、廃れていくんでしょうねぇ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
浅草「仲見世商店街」が存亡の機…浅草寺が“家賃16倍”要求 について。 ヒガシユキのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる