ヒガシユキのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS Wi-Fiよりも100倍速い無線通信技術「Li-Fi」 について。

<<   作成日時 : 2017/04/04 15:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Wi-Fiよりも100倍速い無線通信技術「Li-Fi」ジサクテック
について。

画像
使える場所がかなり制限されるがセキュリティ的にはいいかもね


<引用>

■LED電球のライトで通信するLi-Fiとは?

ニュージーランドのニュースサイト「NZ Herald.co.nz」(3月18日付)によると、Li-Fiは「Light Fidelity」の略で、LEDを使った光空間無線通信の一種だという。“電波”ではなく、LED電球に100%依存する“光波”を使うデータ通信方式なのだ。


2017年現在、Li-FiはラボテストでWi-Fiの100倍速に相当することが確認されている。また、Li-FiはWi-Fi同様無線通信だが、Wi-Fiと違って電波の渋滞からは解放され、さらに大量の電力を消費する電波塔が必要ないため、エネルギー効率も高い。なにより、Li-FiはLED電球のライトが直接当たるスポットでなければ利用できないため、屋外からは屋内のシステムに侵入することは不可能となり、セキュリティ面ではWi-Fiよりずっと安全といえそうだ。

では、いいことづくめかというと、そうでもない。

Li-Fiの最大の弱点は「直射日光が当たる場所では機能しない」ことだ。光センサーが変調光波を検出できなくなるからだ。つまり、Li-Fiの使用は室内に限られ、壁を通すこともできないので部屋ごとにLi-Fi対応のLED電球を取りつけなければネットには接続できないことになる。

http://tocana.jp/2017/04/post_12766_entry.html




光だから傍聴するのも難しいが不可能ではないかな?
(窓から漏れる光でも駄目かな?)

電波て電磁波だから光と同じ速度なのに
せやね。
電波と光の違いが100倍の速度に繋がるって訳じゃないでしょ?
(説明にも書かれてないし)

その速度じゃなくて
データーの転送量のことだろ
電磁波の周波数が高ければ、高いほど、送れるデーター量は多くなる
電波よりも光のほうが周波数は高い、つまり送れるデーター量は光のほうが多くなる

だから同じデーター量送った場合は光で送ったほうが早く伝送できるということな

なるほどな〜
Wi-FiはGヘルツだし、
(電磁波)日本の電波法第2条の「電波」の定義の最大周波数が3Tヘルツだけど
可視光線は「405 - 790 THz」だもんな。

端末側が高速化してもインフラ側が追いつくのかよ
キャリア然り、NTT然り

個人PCをサーバーにして運用する様な使い方もあるから有効。

ガラケー時代から赤外線通信あるだろ。あれもLEDだぞ
そうだったね〜
でもあれってちょっと離れると駄目だったよね

例えば
鏡で反射させていくのを繰り返せば、家の中でどこでも使えるようにするのも可能になるかな?乱反射とか減衰するから駄目かな…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Wi-Fiよりも100倍速い無線通信技術「Li-Fi」 について。 ヒガシユキのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる