ヒガシユキのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS お風呂で「iPhone」を充電していた男性が感電死する事故発生 について。

<<   作成日時 : 2017/03/21 17:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

お風呂で「iPhone」を充電していた男性が感電死する事故発生IT速報
について。

画像
正にstupid(愚かな)事だ


<引用>

英国人男性のRichard Bullさんが浴槽で死亡しているのが発見された。ロンドンの自宅で重度の火傷を負ったBullさんの遺体は、夫人によって発見された。

The Daily Mailの報道によると、現場に到着した警察は、廊下から浴室に延長コードが延びているのに気付いたという。

警察官のCraig Pattinson氏はBullさんの死因審問に対して、「われわれは延長ケーブルにつながれた『iPhone』と充電器を浴槽で発見した」と述べた。

「延長ケーブルは床の上にあった。おそらく、彼は充電器を胸の上に載せていて、充電器とケーブルの間の部分が水と接触したのだろう」(Pattinson氏)

死因審問では、32歳のBullさんの死因は事故による感電死と結論づけられた。

https://japan.cnet.com/article/35098382/


世の中には自分の体に電気を流す様な自傷行為をする人も居るみたいで、中にはそれが事故に繋がって感電死する所までいってしまった人も居るみたいですね。

でも、これは自傷行為じゃないっぽいですね。
iPhoneのバッテリーがなくて風呂でiPhone使いたいと思って充電器に繋いだんでしょうかねぇ?まぁそうじゃなくてもiPhoneみたいな精密機器を風呂場で使おうとしてる時点でSTUPIDだな。
(風呂に入ってる間くらい我慢しろよ)

風呂に電気器具を持ち込む時点であほ。
きちんとした漏電対策でもしているのなら別だが。

うむ

もう、アレだよ。

家庭用電源が何vとか、交流電源なんて、消費者にとってはどうでもいいこと。
充電だろうが何だろうが「電池程度で感電なんかしねーよ」(笑
のレベルなんだろうね。

下手すれば「こんな使い方をすることは想定した上で設計すべき」!!
って逆ギレされかねないもんね。

日本の場合、電源ソケット一つで100ボルトで15アンペアの1500Wまで流れるんだよな。(200V電源ってのもあるけど)十分死ねる

イギリスでもこんな無知な大人いるんだな。
だな
イギリス人もフランス人もアメリカ人を馬鹿にする事多いけど、どこにも馬鹿は居るんだよな。

英国なら電圧は220〜240Vかぁ〜
ひぇ〜

検死報告は
延長コード(240V)ではなく
充電器のコード(5V程度)で感電したと述べている

その位だと死体もそんなに酷い事にはなってないかな?
心臓止めたって程度の感電なのかな?

これで説明書の注意書きに書く事が一つ増えたな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お風呂で「iPhone」を充電していた男性が感電死する事故発生 について。 ヒガシユキのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる