ヒガシユキのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 言葉、単語の誤用

<<   作成日時 : 2011/12/25 19:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

> 「確信犯」、「全然いい」、「役不足」のような日本語の誤用に、すぐ喰いついてくる奴はすべからくバカ
> http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4055203.html

という記事を見て。

誤用が一般的になりすぎて、誤用じゃなくなり、辞書にも元は誤用だったものが載るようになったりするのは個人的には好きじゃないんだけど、どうにも修正できなくなってしまった物もあって困ります。

まぁドヤ顔で間違いを指摘するのも、その場の空気が読めない様で躊躇われる訳ですが、できれば正しい知識を覚えておきたいし、自己啓発しておきたい所です。

>そもそも誤用誤用と鬼の首を取ったように喜んでる奴が一番頭悪そう
>言葉の意味が時代と共に移り変わることを前提としたのが語学

なんて意見も幾つかありますが、、、

>正しい表記と間違った表記があって、あえて間違った方を選択する意味もない
>指摘されたら言葉は変化するから云々と変な言い訳せず、
>無知を認めて素直に従えばいいだけのこと

なんて意見もあります。

という事で気になった物をあげてみると、
・×当を得る(とうをえる) ○ 的を射る(まとをいる)
・全然+肯定は誤用?
・×汚名挽回 ○汚名返上
・須らく〜すべし (「すべからく」とくれば「○○すべし」と続くのが正解?)
・情けは人のためならず(正しい意味を知られていない物の代表か?)
・確信犯(これも正しい意味で使われなくなりました)
・稀によくある間違いだな(矛盾した言い方)
・馬から落ちて落馬した(重言)
・「代替」の読み方(正しくは「だいたい」で「たいがえ」は誤用)

他にも
・「須く」は全てと同じ意味だと思っていた
・「さわり」は導入部分のことだと思っていた
・「世界観」はその世界のが醸す雰囲気のことだと思っていた
・「姑息」は卑怯と同じ意味だと思っていた
・「檄を飛ばす」は叱咤激励することだと思っていた
・「知恵熱」は頭を使い過ぎて発熱することだと思っていた
・「募金する」は無償で金品を贈ることだと思っていた
・「憮然」は腹を立てている様だと思っていた
・「恣意的」は悪意を以てという意味だと思っていた
・「にやける」は口許が緩んでにやにやすることだと思っていた
・「敷居が高い」はなかなか手を出しにくいことだと思っていた
・「爆笑」は大笑いすることだと思っていた
・「たそがれる」は考え事をしてぼうっとすることだと思っていた
・「一姫二太郎」は女の子一人男の子二人の意味だと思っていた
・「性癖」は性的嗜好のことだと思っていた

って書かれていたので、正しい意味を知りたい人は各自調べて下さい。

個人的には
>独擅場 ×どくせんじょう  ○どくだんじょう
これかな。
独擅場は確かに「どくせんじょう」でも「どくだんじょう」でも読めます。でも昔は「どくせんじょう」と読まれていました。昔、漫画「美味しんぼ」で「どくだんじょう」と読んだ主人公の台詞に「???」と違和感を感じたのも懐かしい思い出です。

後、「河川敷」かな。
「かせんじき」でも「かせんしき」でも今は正しい事になっていますが、ちょい前までは「かせんしき」だけが正しい読みでした。ニュースキャスターはさすがに「かせんしき」と読んでいましたが、最近では「かせんじき」と発音するキャスターも多くなってきました。

おまけで、「回文」
いいともの「回文」ってコーナーのせいで一般にはこれが流行しましたね。(因みに自分はいいともは見てないので知り合いから聞くまで知らなかった)。
これも昔(といってもかなり昔)は「かいぶん」じゃなくて「かいもん」と言ってました。

まぁ誤用で覚えちゃったのは仕方ないけど、できれば元の意味や正しい読みを踏まえた上で使いたいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
言葉、単語の誤用 ヒガシユキのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる